お伊勢さんのお米

やとや お伊勢さんのお米

平成元年・秋。

2度の強い台風が伊勢地方を襲いました。 伊勢神宮へおさめるためのお米をつくる御神田(ごしんでん)も、強風でほとんどの稲が倒れるなか、わずか2株だけ雄々立ち残った奇跡の稲株がありました。

昭和から平成への御代替わりのこの年、時を同じくしてあらわれたこの新種で貴重なお米は、なにより味がよく、病災害にも強いことから、のちに「伊勢ひかり」と命名されました。

伊勢神宮の御もと、三重県内の契約農家の田で育てあげられた伊勢ひかりは、伊勢神宮・外宮(=食と産業の神・豊受大御神)へ奉納されました。

稲は神さまからの授(さず)かりもの。

それを人が育て、「お米」として神に返し、神と共に人も食す。

伊勢の国・農の匠たちの手によって 長い伝統を引き継ぐ、「お伊勢さんのお米」 を、ぜひともご賞味ください。

  • 5件の商品がございます。
  • ずつ表示
  •  
  • 5件の商品がございます。
  • ずつ表示
  •