お木曳山椒

お木曳山椒

お木曳とは、伊勢神宮の式年遷宮に際して、木曽の山々から伐採した檜のご用材を、神宮まで運ぶ特別の行事のことをいいます。新しい社殿には檜の香りが立ちこめ、清々しさが演出されます。香りは、日本人にとって心を新たにする重要な感覚。
「山椒」の「椒」は香り芳しいという意味だそうで、縄文時代の遺跡からも化石が見つかっているほど、日本を代表する香辛料です。本品は、山里に自生する山椒の原木から採取した実と辛味を独自の調合で作り上げたもの。
お料理の味付けにお薬味に、そのままご飯にかけると、ぴりりとした風味が引き立ちます。

  • 1件の商品がございます。
  • ずつ表示
  •  
  • 1件の商品がございます。
  • ずつ表示
  •